後悔しないピアノ教室の選び方! ~東京編~

HOME > ピアノ教室の選び方 > ピアノレッスンを習わせる家庭が増えている

ピアノレッスンを習わせる家庭が増えている

習い事は子供の才能を伸ばすだけではなく、忍耐力をつけるに最適と言われています。
一昔前、習い事の定番だったのがピアノレッスンですが、最近も子供に習わせる家庭が増えてきているようです。
どの地域でもピアノレッスンを習わせる場所がありますが、特に多いのが個人レッスンを行っている教室です。
マンツーマンで指導を行ってくれるので、覚えるスピードが早くなります。
ピアノなどの音楽が苦手な子供も通える環境で、実力に応じて指導のやり方を変える先生もいるようです。
どの教室も定期的に発表会を行っており、時には大きな会場を貸し切って鑑賞できるようにしている所もあります。
最近は女の子だけでなく、男の子にもピアノを習わせる家庭が増えてきています。
中には女の子より上達の早い男の子もいるようなので、いろいろなジャンルを習わせるのは良いことなのかもしれません。



ピアノレッスンをするメリットとは

ピアノレッスンを受ける場合には、音楽メーカーや楽器店などがある教室、あるいは個人にてやっている先生の自宅などにある教室か、なお、自宅まで来てくれるようなパターンから選択する事が出来るようになっています。
そして、メリットとしては、レッスン料に関しては個人レッスンよりも低価格にて済みます。
しかも、友達と一緒にレッスンしていくことができますので、皆で楽しく演奏したい人にとっては向いているでしょう。
また、デメリットとしては、使用しているピアノが電子ピアノだったりする場合には、自宅練習をしなければ、周りについていけなくなってしまうでしょう。
つまり、一人一人細やかな指導をしていくことが出来ませんので、弱点については克服していくことが難しく、上達に関しては遅くなってしまうような場合もしばしばあるでしょう。



音楽的素養を身につけるピアノレッスン

音楽的素養を身につけることは、人生を充実させることにつながります。
なんでもそうですが、人生を充実させるためには趣味を幅広く持っていたほうが無難です。
ピアノレッスンもそれに含まれていて、音楽的素養を身につけるためのピアノレッスンは、人生を楽しく過ごすことに少なからず関連してくるのは事実です。
子供の頃からピアノを習うという話はよく聞く話ですが、大人になってからピアノを習うという方も少なからず存在します。
子供の頃にピアノを習うと、音楽的素養の吸収力が高いので、人によってはかなりの腕前になったりします。
しかし、好きこそものの上手なれという言葉ある通り、ピアノ自体が好きでないとある程度の上達度で成長が止まってしまいます。
つまり、習い事を始める時期は関係なく、興味を持った時期なら、大人になってピアノレッスンを受けても上達は可能だということです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP