後悔しないピアノ教室の選び方! ~東京編~

HOME > ピアノ教室の選び方 > ピアノ教室を選ぶ時のポイント

ピアノ教室を選ぶ時のポイント

音楽は聞いていても人に感動を与えて、気持ちよくさせてくれます。それで感動した曲を弾いている演奏者に憧れたり、ファンになったりします。
そのうちに自分でも弾いてみたいと考えるようになります。ピアノは代表的な楽器ですが、流れるようなメロディを自分で弾けたらどれほど感動するだろうと考えます。
インターネットの動画などでも、通路や広場にピアノが置かれていて、自由に弾けるようになっているところに、演奏する人が現れて、見事に弾いたりします。
それを見て周りの人も感動したりします。そこまで行かなくても、ある程度弾ければと考えたりします。それでピアノ教室に通って弾き方を覚えたいと考えますが、その場合選び方が問題になります。
選び方のポイントを押さえると上達も早まります。

ピアノ教室を選ぶポイントとしては、まず、自分の今のレベルを把握して、教えてくれる先生やスタッフに伝えます。そして、その段階から、どこまで上達したいのかを伝えます。例えば趣味でスムーズに弾ければよいとか、子供に才能があればプロを目指すように教育をしたいとか、人それぞれ動機があります。
もちろんレッスンを受けながら評価してくれますが、それでも明確な希望があれば、大丈夫とか無理ですとかという判断をしてくれます。そして、レッスンを週に何回ぐらい受けられるかとか、予算がどれくらいかなども相談をします。
自分の音楽関係の事情を知ってもらうということも、最初は重要です。そして相性もあります。先生のレベルもあるでしょうが、相性が良い方が練習にも身が入り上達も早くなります。

ピアノ教室に通いたいという場合に、自分が好きな曲を弾いてみたいという動機がいちばん多いでしょう。他の楽器を練習している人を見ても、自分が感動した曲で勉強したりしています。
ピアにも同じで、自分が弾きたくなる曲や同じような曲のイメージを理解していると、長続きする動機になります。練習するにしても、なかなか日本の建物では防音が上手くできていなかったり、隣の家と近かったりで自宅では練習ができません。
そうなるとレッスンで練習をするしかないので、どのくらいの割合で通うことができるかなどの時間的な状況も伝えておく必要があります。
とくに習得には時間がどうしてもかかりますので、レッスンのスケジュールは重要です。その他わからないことは最初に相談して教えてもらうと安心してレッスンを受けられます。効率よく練習をすることも大切です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP