後悔しないピアノ教室の選び方! ~東京編~

HOME > ピアノ教室の選び方 > 小さい頃からピアノレッスンを受ける事の利点

小さい頃からピアノレッスンを受ける事の利点

ピアノレッスンをする事には沢山の良い点があります。
例えば、ピアノは特に小さい頃から始める習い事の中でも人気が高いので、それだけ人口が多いという事になります。
繋がりを持ちやすく、友達の輪が広がるでしょう。
学校のクラスに1~3人は必ずと言っていい程経験者が居ます。
また、音感が身に付くのも評価すべき点です。
学校では必ずある音楽の授業が楽しく感じられ、苦手意識が減っていくはずです。
習っていない人からしたら未知の世界に感じられる音楽が、音感のおかげで得意になる事で好きになり、授業を通して学校生活の充実感を得られます。
ピアノレッスンによってピアノ以外の楽器にも興味が湧き、趣味の幅が広がるのも素晴らしいです。
このように一つを通して人生が広がっていくのが魅力的なのでなるべく年少の頃から習い、なんでも吸収できるとより理想的ですね。



大人のピアノレッスン、楽しんで学ぼう

「人前でカッコよくピアノの演奏ができたら」「大好きな曲を是非、ピアノで弾いてみたい。
」などど思う方は多いのではないでしょうか。
「大人になってからピアノを始めるのは遅すぎるのでは」いや、そんなことはありません。
楽器を始めるのに、遅すぎるなどということはありません。
何歳からでも始められますし、上達は可能ですよ。
 上達のためには、練習時間の確保が大切ですね。
大人で仕事を持っている場合は、練習時間が限られるので、無理のない範囲で効率のよい練習を心がけると良いでしょう。
 今は大人の初心者向けの音楽教室も数多くあるので、是非一度、お試しのピアノレッスンから始めてみてはいかがでしょうか。
発表会などで人前で弾く機会があれば、それに向けた練習ができるので上達のきっかけにもなりますよ。
また、同じ楽器を弾く仲間ができれば趣味の楽しさも広がりますね。



ピアノレッスンは何歳から始めるべきか

ピアノは昔から子どもの習い事として人気がありますね。
幼い頃からピアノレッスンを受けることで、指の器用さだけでなく、音感や表現力を身に付けることができます。
しかし何歳から習わせるべきなのか、迷っておられる方もいることでしょう。
ピアノは何歳から始めなければならないという決まりはなく、子どもが習いたいと感じたタイミングで始めても全く問題ありません。
しかし、もし子どもに音楽の道へ進んで欲しい、ピアノが上手な子になって欲しいと考えるのなら、3歳前後から習わせると良いでしょう。
その頃から音楽に触れさせることで、音感やリズム感が育ちやすくなると言われています。
曲を無理矢理弾かせる必要はなく、歌を歌ったり、ピアノに触って音を感じるだけでも音楽力は育ちます。
子どもが楽しく音楽を学べるような教室を選ぶようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP